裏庭の書庫

創作小説サイトです

Novel(小説)

黎明を駆る者


“白き女神”に守られたフィルナと、“闇夜の王”の寵を受けるルナン。
浮遊大陸エリアの支配権をめぐる二国の争いは、有史以前から綿々と続いてきた。
相争う運命にある、ふたつの血を継ぐ双子。
その数奇な運命の輪が、今静かに動き出す。

序章
01

第1章 死神の子
01--02--03--04--05--06--07

第2章 迎えと別れ
01--02--03--04--05--06--07--08--09

第3章 常夜の国へ
01--02--03--04--05--06--07--08--09

幕間劇1 夜想曲
01

第4章 森海の攻防
01--02--03--04--05--06--07--08

第5章 光の雨の降る夜に
01--02--03--04--05--06--07--08--09

第6章 盟約
01--02--03--04--05--06--07--08--09--10

幕間劇2 黒歌鳥
01--02--03

第7章 カルマの鎖
01--02--03--04--05--06--07--08--09--10

第8章 双月の幻
01--02--03--04--05--06--07--08--09--10--11

第9章 囚われた心
01--02--03--04--05--06--07--08--09--10--11

第10章 灰色の帰り路
01--02--03--04--05--06--07--08--09

第11章 理の行方
01--02--03--04--05--06--07--08--09--10


web拍手 by FC2

その他

準備中

★お知らせ★
ホームページをリニューアルしました
現在、第11章まで公開中。
ブログへのリンクは現在調整中。当面はX(旧ツイッター)で代用します。


⍙(Top)
inserted by FC2 system